2018 is coming to a close.(2)
0

    福岡の大学に通っていた頃

    九州の人達に

    「瀬戸内ってどんなところ?」

    と聞かれると

    「えーとね、海が穏やかで、温暖で、
    太陽光発電が盛んで、あんまり雨が降らないところ♪」

    と答えていました。




    当時、私はボランティアで英語を教えていて
    生徒を高松の実家まで招待したことがありました。


    生徒は
    「わぁ、本当に海が綺麗で穏やかなところだね。瀬戸内が好きになったよ!」

    と、とても喜んでくれました。





    それから約10年後。



    穏やかなはずの瀬戸内に
    大きな台風がやって来ました。


    私の実家は床上浸水し


    英語教室の生徒達の家も

    メチャクチャになりました。


    私の祖父も
    「こんなの生まれて初めて、、、」と驚きました。






    そして2018年、梅雨。


    今度は同じ瀬戸内の広い範囲で豪雨災害が起きました。



    私が幼少期に描いていた
    瀬戸内地方の梅雨のイメージは





    『優しい雨がシトシト降って
    長靴履いて学校に通う。』


    そんな ほのぼのしたイメージでした。


    でも、今はもう
    そんなイメージは全くありません。



    梅雨の雨は

    まるで熱帯のスコール。




    雨が激し過ぎて警報が出まくり

    学校なんて行けません。


    そして梅雨直後に 酷暑。


    ハワイの人が驚いて逃げ帰る暑さ。




    瀬戸内の気候は、いったいどうなってしまったのでしょう。




    瀬戸内だけじゃなく



    もう世界各地で異常気象が起きています。

    北極なんて大変な変わり様ですよね。









    これが地球の自然のサイクルのルーティーンなのであれば、別に良いんです。




    でも!


    もしこの原因が人間にあるのであれば、どう思いますか?


    人間は、自分で自分の首を絞めているだけではありません。




    自然界に暮らす動植物達は
    これまで長い年月をかけて

    自然に適応して
    上手に生きています。


    そんな彼らの生活を

    人間が苦しめているのであれば

    それはとても恥ずかしいことです。


    人間とはなんて罪深い生き物なのでしょう。






    私は

    大好きな瀬戸内エリアの気候が

    短い間にどんどん変わってしまって

    災害で不便な思いをして

    初めて

    彼らの苦しみが分かりました。






    いったいこれから私は、人間として、
    どう生きて行けば良いのだろう、、、。




    そんな事を考えた2018年でした。




    広島ブログ

    クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





    Mahalo!マイメロ

    レッスンについて | - | - | - | -
    entry_bottom
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    Hawaii Time

    会社設立 大阪市
    search