エンジェルズ・バイ・ザ・シー
0
    機会があれば行きたいなと
    ずっと思っていたお店

    『エンジェルズ・バイ・ザ・シー』



    やっと行くことができました。




    リゾートワンピース、アクセサリー、ポーチやバッグなど、

    とても可愛いものがたくさんあって


    見ているだけで癒されました!




    店員さんはフレンドリーな方で
    商品を丁寧に説明してくれました。





    夏のバッグを1つ買いました。




    このバッグは手作りで、内側の生地も1つ1つ違うそうです。




    使うのが楽しみです(o^^o)






    このお店の値引きクーポン券はいろいろな場所で手に入るので、

    先にクーポンをゲットしてから行くのが良いと思います(o^^o)


    広島ブログ

    クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





    Mahalo!マイメロ


    ハワイアンポポキ | - | - | - | -
    entry_bottom
    英語でダンス♪♪♪
    0
      ポリネシアカルチャーセンター


      『英語でフラ』に挑戦しました。

      挑戦したのは母と叔母
      (私は撮影係)




      フラ初心者の2人でしたが
      なかなか上手でした。





      習ったのはごくごく基本的なステップと
      『木』『花』などの振付



      中学2年の英語の教科書の本文と同じ内容です(o^^o)




      隣に母と同年代のアメリカ人のおばさまがいました。



      母は英語ができないのに

      そのおばさまと同じくらい上手に

      踊れるのが不思議(o^^o)







      本当のハワイアンの先生達に

      生演奏で教えてもらえて


      とても良い経験になったと思います。





      ----*----*----*----* ----*----*----*----*



      英語と音楽と運動を組み合わせたアクティビティは幼児さん達はみんな好きで


      リトミックやお遊戯レベルではありますが

      レッスンでも取り入れています。









      今後は、たまにはプロの先生をお招きして


      『英語でフラ』や
      『英語でヨガ』を

      できたら良いなと思っています。



      身体を動かすことは

      幼児だけでなく

      大人も楽しむことができますね。





      広島ブログ

      クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





      Mahalo!マイメロ



      ハワイアンポポキ | - | - | - | -
      entry_bottom
      イオラニ宮殿
      0
        母の希望で
        『イオラニ宮殿』を見学しました。





        ここはアメリカ合衆国にある
        唯一の宮殿です。







        豪華な家具や美術品、ドレスなどに魅了され、心が躍りました(*≧∀≦*)




        ガイドさんの丁寧な説明で、
        ハワイ王朝の歴史がよく分かりました。



        19世紀のハワイ王朝と日本の皇室との関係はとても良好で

        縁談の話まであって



        もし縁談がまとまっていたら

        その後の大戦もなかったかも?

        という話や

        明治元年にハワイに渡った日系人達の苦労についての話など









        日本に関係するたくさんのエピソードも学ぶことができました。






        ここは歴史と文化が学べる素敵な場所です。





        中学生以上の方にオススメです。




        広島ブログ

        クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





        Mahalo!マイメロ


        ハワイアンポポキ | - | - | - | -
        entry_bottom
        レナーズ!
        0
          生徒さんのママから

          レナーズグッズがPLAZAにあるよ。

          と教えていただき、行ってみました!



          欲しかったスクエアクーラーバッグが あったので買って帰りました(*≧∀≦*)!!







          お買い物タイムが楽しくなりそうです♪





          ちなみにこちらがレナーズの本店





          入り口にある水色の店名ロゴと、
          ピンクと白のストライプ柄が
          レナーズのトレードマークなのかな?







          ハワイ好きな方、PLAZAを覗いてみて下さい(*≧∀≦*)


          クーラーバッグの他にも、可愛いものがたくさんありましたよ。


          広島ブログ

          クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





          Mahalo!マイメロ

          ハワイアンポポキ | - | - | - | -
          entry_bottom
          グァバ・シフォン・パンケーキ
          0
            いよいよ10連休が始まりますね。



            ゴールデンウィークをハワイで過ごす方にオススメの朝食レストランを紹介します♪




            『Cinnamon's at the Ilikai』


            ここのグァバ・シフォン・パンケーキはとっても美味しいです。





            グァバソースの酸味と生クリームがマッチして、さわやかな甘さです。





            母と叔母は、『エッグベネディクト』に人生初挑戦!




            ここのエッグベネディクトはカルアポークが入っていてとても豪華でした!






            どちらもとっても美味しかったです。







            『Cinnamon's at the Ilikai』は、


            イリカイホテルの一階にあります。

            ヒルトンハワイアンビレッジや、
            ハワイプリンスワイキキに宿泊されている方でしたら

            歩いてすぐ行けます。











            私達が到着したのは午前7時半くらいでしたので待たずに入れましたが


            店を出るときには大行列が出来ていました。







            朝食ならできるだけ早めに行くのがオススメです(*≧∀≦*)






            朝食後は
            アラモアナセンターまで散歩しました。

            涼しく快適に歩けました。






            ハワイの朝の散歩は最高です!



            広島ブログ

            クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





            Mahalo!マイメロ

            ハワイアンポポキ | - | - | - | -
            entry_bottom
            おまけエピソード2(パールハーバー2019その10)
            0

              アリゾナ記念館やパールハーバービジターセンターの施設は

              入場無料です。





              無料だからショボい施設というわけではなく、むしろ逆で、、、



              国の威信をかけて
              政府が気合いを入れて作った

              豪華な施設です!



              無料で映画館に座って映画を観られて

              船にまで乗れるのです!




              すごいですよね。





              パールハーバーだけではなく

              ワシントンD.C.にある

              『スミソニアン博物館』なども同様に無料です。





              これはアメリカだけに限ったことではなく

              ヨーロッパの国々に行っても


              国立博物館に無料で入れることが多いです!





              自分の国の歴史や文化に対して、
              国が力を入れてサポートしている

              ということなのでしょうか?








              一方
              日本は無料開放博物館があまり無いですが、、、
              それは欧米との考え方や価値観の違いによるものでしょうか?











              ところで!



              昨年末から今年にかけて、

              トランプ政権の「トランプシャットダウン」により


              アメリカの無料国立施設が閉鎖になってしまいました。





              ワシントンのスミソニアン博物館も閉鎖されてしまい、

              パールハーバービジターセンターも閉鎖の危機に陥りました。









              長年教師として頑張ってきた母達が
              どうしても行きたかったパールハーバービジターセンター。



              なんとか閉鎖を免れて、オープンしていて良かったです(≧∇≦)!!









              広島ブログ

              クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





              Mahalo!マイメロ

              ハワイアンポポキ | - | - | - | -
              entry_bottom
              おまけエピソード1(パールハーバー2019その9)
              0
                パールハーバーのアリゾナ記念館は

                独特の空気が流れています。




                それは



                広島の平和記念公園の

                慰霊碑の辺りの空気感に似ています。







                人々の鎮魂の祈りの気持ちが凝縮された
                独特の空気。






                重くて、、、

                だけども、とても清らか。








                この場所では

                アメリカ人も日本人も
                みんな口数は少なめです。








                (ここからは↓
                今回、現地ガイドさんが私に伝えてくれた話)




                私が行く前の週



                アリゾナ記念館の慰霊碑の辺りで、


                大ハシャギして騒いでいるアジア人が居ました。



                彼らは、とあるアジアの国から来た観光客。
                (国名はあえて伏せます、知りたい人は私に直接聞いて下さい。)





                自国の言語を大声で話し、大ハシャギして、周りの人々から大きなヒンシュクをかっていました。


                大ハシャギはどんどん盛り上がって、エスカレート。




                ついに係員は呆れ果てて

                こう注意しました。




                「(英語で)
                すみません!!
                そこの◯◯人の方々!
                この場所で、はしゃいではいけません! この下にはご遺体があります。
                ここは慰霊の場所です!
                静かにして下さい!」



                すると、、、

                その◯◯人観光客は英語で

                こう答えました。







                「Hey, we are not ◯◯!!!

                We are Japanese!!!

                (私たちは◯◯人じゃないですよ!
                私たちは日本人です!)」










                たまたま近くに居合わせた日本人は驚いて、抗議したそうです。




                みなさん、どう思います?







                この類の話がアメリカで多発していると聞いていましたが、


                本当にあるんだと知ってガッカリです。




                それもこんなに大事な場所で 。・°°・(>_<)・°°・。








                私はこれまで何度か

                教え子達と一緒に
                この場所を訪れていますが

                ここで大騒ぎをしてはしゃぐようなお子様は
                1人も居ませんでした。







                私が何も教えなくても

                子供達はちゃんと

                この場所の持つ空気を理解していました。










                この場所でハシャぐ日本人なんて、
                居ないと思います!!!












                広島ブログ

                クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





                Mahalo!マイメロ

                ハワイアンポポキ | - | - | - | -
                entry_bottom
                パールハーバーまとめと感想(パールハーバー2019その8)
                0
                  今回パールハーバーを訪れて、
                  いろいろな感情を抱きました。


                  特に、ミズーリ記念館のヴィクトリーキスと潜水艦ボーフィンを見た時は



                  ワシントンD.C.でこれ↓を見た時と同じように胸がギューッと痛みました。



                  (硫黄島の星条旗の像。
                  実物を見るとあまりの大きさに驚きますΣ(゚д゚lll))



                  私はアメリカが大好きです。

                  だからアメリカ英語やアメリカ文化、歌やお祭りなどを日本人に紹介する仕事をしています。




                  しかし、これらを見て胸が痛むということは


                  やっぱり私は根っからの日本人で

                  日本を愛しているのですね。









                  とはいえ、

                  星条旗の像もミズーリ記念館も

                  日本人を悲しくさせるために作られたものではありません。


                  アメリカがアメリカ人に向けて
                  自らの歴史を誇るために作られたものです。




                  だから、これはこれで良いのです。







                  そして、

                  パールハーバー全体のイメージは、

                  やはり『勝利』ではなく『平和&追悼』






                  展示物を読むと至る場所に


                  「こうなる世界の歴史の流れがあり、理由があったから日本がアメリカを攻撃した。」


                  「日本に対してはもうなんの恨みもない。」

                  「共に仲良く平和にやりましょう。」




                  このようなメッセージを受けます。







                  大喧嘩して大モメにモメた者同士が

                  胸の内に何のわだかまりもないわけがありません。







                  しかし、お互いに

                  言いたいことをグッと堪えて

                  本音や感情を押し殺しながら


                  相手を尊重し、思いやり


                  70年かけて良好な関係を築いてきたのだなぁ、、、


                  その行程は大変だっただろうなぁ

                  と思いました。








                  パールハーバーにいると、

                  今の日米はとても良い関係なんだな、

                  と感じるので


                  なんだか不思議です。








                  戦艦ミズーリと戦艦大和は

                  今はもはや敵ではなく




                  Battle Ship(戦艦)が世界で活躍した時代に


                  太平洋で共に戦った戦友として


                  世界の人々に大切なことを教えてくれています。





                  それは


                  国と国だけじゃなく

                  人と人との関係を築く上でも役に立つ

                  大切な教訓です。









                  歴史チンプンカンプンの私でも、感じることがいっぱいありました。

                  みなさんもぜひ、行ってみて下さい(о´∀`о)








                  広島ブログ

                  クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





                  Mahalo!マイメロ











                  ハワイアンポポキ | - | - | - | -
                  entry_bottom
                  Victory kiss 勝利のキス(パールハーバー2019その7)
                  0
                    こちらの像は有名な
                    『Victory kiss 』





                    1945年8月15日(アメリカ14日)
                    戦争終結を喜ぶニューヨークの男女のキスシーン。


                    戦艦ミズーリの前に平和の象徴として置かれています。







                    実はこの2人、
                    夫婦でもないし恋人でもないし友人でもない、ただの通りすがり。







                    その説明を聞いて私は、



                    『信じられない』と思いました。


                    みなさんもそう思いません?








                    いやいや、勘違いしないで下さいよ!

                    私はこの2人の行動を責めてるんじゃありません。





                    私は、かるーーーい

                    ペラッペラな人間です!!






                    いま広島カープが勝ったら私だって



                    知らない男とキスします。(←オイ!!)

                    ノリでキスします。(←いけません!!)



                    通りすがりの人同士がキスしても良いんです!








                    私がショックだったのは、


                    この、ちょうど同時期の広島の街の惨状を思い浮かべたからです。









                    広島の人々は終戦を迎えてもまだ

                    アメリカの攻撃のせいで

                    苦しみ続けていかなければならなかったのに






                    ニューヨークの人々はとっても陽気で



                    恋人でもない男女が

                    ノリで熱烈キスができるくらいの

                    軽い空気に包まれていたんだと思うと


                    悲しい。














                    当時、

                    日本の状況を知らない
                    アメリカの若者が
                    勝利を喜ぶ気持ちも分かります。







                    しかし、今現在もなお


                    この陽気なキスシーンを、


                    あの潜水艦ボーフィンとともに

                    このパールハーバーで披露している!



                    そのことがショックでした。





                    このキスが行われた瞬間にも、

                    広島の子供達は次々と死んでいきました。




                    いや、子供達だけではありません!!



                    広島で生きていた小動物、

                    鳥、虫、魚、

                    草木、花、野菜、


                    水、土壌、空気、まで


                    罪なきもの全部が苦しみました。












                    そこまでしますか!?


                    そこまでして勝って、喜びますか!?


                    その喜びのあまり、
                    ノリでキスできますか!?




                    人間って何なんでしょう?


                    戦争って何なんでしょう?


                    正義って何なんでしょう?















                    はい、分かっています。

                    戦争を仕掛けた日本が悪いんです。










                    だから

                    批判はしません、できません。





                    見たままを受け入れます。





                    ここを訪れていた日本人達は

                    みんな複雑そうな顔つきで

                    真剣に展示を見つめていました。




                    今回のミズーリ訪問は

                    当時の日本とアメリカの温度差の大きさを感じることが多かったです。





                    私の頭の中の この違和感は
                    いったい何なのだろう?


                    まだまだ頭の中がぐちゃぐちゃで
                    考えがまとまりません。








                    でも、行って良かったと思っています!!





                    国と国の関係というのは、
                    とても難しく
                    正しい答えはないのかも知れません。












                    もっと歴史の勉強をしてから、

                    もう一回行ってみたいと思います。






                    広島ブログ

                    クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





                    Mahalo!マイメロ









                    ハワイアンポポキ | - | - | - | -
                    entry_bottom
                    永遠の0(パールハーバー2019その6)
                    0


                      この戦艦ミズーリは


                      第二次大戦末期、

                      日本の『神風特攻隊』の攻撃を受けています。



                      その攻撃について


                      詳しい展示がありました。





                      たくさんの特攻隊機が
                      鹿児島県の鹿屋を飛び立ち

                      ミズーリに向かいましたが



                      ほとんどが撃墜され


                      ミズーリまで辿り着けたのはわずか1機のみ。






                      その1機に乗っていたと推測されるのは、、、、



                      訓練を終えたばかりの19歳の若者。




                      『永遠の0』のモデルになった人です。







                      その特攻機の

                      衝突直前の姿をミズーリ側から撮影した写真と説明資料が

                      飾られていました。






                      あまりに衝撃的でショックを受けました。



                      (撮影する気持ちになれなかったので、その資料の写真はありません。)





                      火の粉をくぐって必死でぶつかろうとしている特攻機。


                      それを間近で写真におさめる余裕のあるアメリカ。





                      結局、


                      特攻隊員は身体が真っ2つに裂かれて亡くなり、
                      アメリカは無事。




                      衝突の衝撃で出来た船側面の小さな凹みだけが、今もそのまま残されていました。



                      なんだか、とてもとても悲しかったです。






                      特攻隊員に関する資料は日本でも見たことがありましたが、

                      海外で実際見ると、

                      全く感じ方が違いました。




                      『こんな異国人ばかりが乗った船に

                      たった1人でやってきて

                      たった1人で攻撃して

                      たった1人で死んで

                      死んだ後も周りは異国人しかいなくて

                      心細かっただろうなぁ。。。』



                      そんな気持ちになりました。







                      19歳といえば、

                      いま教室に来てくれている私の教え子達とそんなに変わらない。。。







                      優秀で未来ある若者が

                      国のために儚く死ななければならなかった時代が

                      そんなに遠くない過去にあったなんて

                      信じられません。










                      あの写真を今 思い出しても

                      胸がギューっと締め付けられます。









                      広島ブログ

                      クリックして下さる方々、いつもご親切にありがとうございます(*^^*)





                      Mahalo!マイメロ










                      ハワイアンポポキ | - | - | - | -
                      entry_bottom
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      Hawaii Time

                      会社設立 大阪市
                      search